FC2ブログ
-->

記事一覧

金子美香先生 アルト特別レッスン

10月下旬、
今年の宇都宮第九演奏会のソリスト、金子美香先生に
アルトパートの特別レッスンをしていただきました。

参加は自由だったにもかかわらず
大勢の団員が参加して
熱気溢れるレッスンとなりました。


k1.jpg

まずは発声練習から。
金子先生は
ユーモアを交えて自然体で話していただき
団員さんも肩の力が抜けていい感じに。


そして楽譜を見ながら
第九のアルトパートを練習していきます。

金子先生は、あまり作りこみすぎない
ナチュラルな発声の方がよろしいのではとお話しがありました。
自分自身の声を大切にということですね。

ここぞというときは口を縦気味に開いて
作りこんだ声でアクセントを作ってもよろしいということで。

k3.jpg


そして、アルトの難関の箇所へ。
そう、今年の楽譜では650小節から始まるところです。
フーガが始まる前の、あの難所です。
アルトとしては高音の取りずらい音が3小節も続くところです。
しかもppで。


金子先生の指導でこの難所も安定感がでてきました。

k2.jpg

同じ音が続く場合は、同じ音を出し続けるというよりも
次の音符は一段あがる意識で。
同じ音という意識だと音程が下がります。


p(ピアノ)は弱い音ではなく、
強くない音というくらいに認識しましょう。
しっかりと発声するように心がけて。


フォルテとピアノは吐く息の量で音質がきまります。
皆さん、発声のときは息を吐くことを意識するようにしましょう。


k4.jpg



そして発声ですが
身体の使い方や姿勢で音が変わります。
いろいろと試して、自分がよい声が出るポイントを探しましょう。



いろいろと指導を受けると思いますが
全てを取り入れてしまうと消化しきれないので
自分に合うものを取捨選択して身に着けることが大切。





最後に集合写真。
皆さんの笑顔、満足という顔が
充実した時間を物語っているでしょう。

全体画像


金子先生ありがとうございました。


演奏会もどうぞよろしくお願い申しあげます。